ぽにパパ★太陽光ド素人のサラリーマンが不動産資産を構築する話

2017年より家庭用太陽光パネルと副業で産業用の太陽光発電所を始めました!妻と子二人(双子)、猫の5人家族で不労所得を目指すサラリーマンのブログです♪

屋根貸案件と野立ての太陽光の比較 ぽにパパ見解★

time 2017/06/02

屋根貸案件と野立ての太陽光の比較 ぽにパパ見解★

応援ポチっお願いします(*’▽’)
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

屋根貸案件について

最近、タイナビなどでも、太陽光の屋根貸案件も多く目にしますよね。
いわゆるソーラープロジェクトと呼ばれるもので、最近では中古の屋根貸物件も出てきましたね。

売電価格で見ると36円40円案件も有り、一見、とても良さそうに見えますし実際、利益を試算しやすい部分もあると思います。

ただ私としては、屋根貸物件は、野立ての太陽光発電所と比べて、どうしても気になる部分があります。( ..)φメモメモ

 

sponsored link

屋根貸案件と野立ての太陽光の比較

1. 賃貸であるので、賃貸期間終了後、物件を返さないといけない。

(野立てであれば、20年間の売電価格保証期間後も自分で売電継続できる筈です)

2. 物件によっては、密集した工業地帯の工場屋根やマンション屋根などもあり、地震や火災のリスクが山間地域よりも高い。

災害保険も有りますが、地震はカバーされていません。

3. 中古の場合は、既に連系と売電が始まっているので、売電価格の保証期間がその分、短くなってしまう。これは野立て物件でも同じですね。
長い目で考えると20年後でも、自分の土地や太陽光発電装置が有った方が、その時点で色々また考えられますよね。

20年後により安価なパネルに変えたり、極端な話、20年後に、装置を売却、土地も売却することもできるかもしれません。

 

なので、私はやはり、野立て物件、特に新築がいい

なあと思っています。。

 

ぽにパパ

応援ポチっお願いします(*'▽')
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

sponsored link

down

コメントする




太陽光発電・投資の基礎

第二発電所はここで購入しました!
↓ ↓ ↓ ↓タイナビ発電所

★所有発電所★

①第一発電所(自宅発電所)
売電価格:28円
神奈川県
パネル:京セラ(KHM220P-3CD6CG)
多結晶 8.58kW
パワコン:京セラ
遠隔監視:モニタユニットPMD35D-M
2017年8月連系

②第二発電所
売電価格:24円
長野県
パネル:トリナソーラージャパン
多結晶 過積載72kW
パワコン:田淵電機 49.5kW
遠隔操作:てるてるモニター
2017年5月連系

③第三発電所
売電価格:24円
千葉県
パネル:ジンコソーラー
多結晶 84kW
パワコン:オムロン
遠隔操作:エコめがね
2017年8月連系

プロフィール

名前:ぽにパパ

こんにちは!サラリーマンしながら産業用太陽光と自宅太陽光を所有し、不労所得を目標に奮闘している太陽光ファミリーです。

子供達の将来の選択肢や、妻との老後の為コツコツがんばっています!

Rakuten



ブログ★ランキング

応援ぽちっお願いしますm(__)m

ブログランキングに参加しています。
皆さんに読んでもらえる有益な情報を共有し、わくわくな未来にしましょう(*'▽')

PVアクセスランキング にほんブログ村

アクセスカウンター

  • 64637総閲覧数:
  • 72今日の閲覧数:
  • 89昨日の閲覧数:
  • 31470総訪問者数:
  • 51今日の訪問者数:
  • 62昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2017年5月28日2017/5/27: